辞めジュニアとはその名の通り、ジャニーズを辞めたジャニーズJrのことです。

辞めジュ」とも言われます。

今回は辞めジュについて、辞める理由や辞めた後の動向についてまとめました。

 

sponsored link

辞めジュニアについて

ジャニーズ事務所には常に300人ほどのジャニーズJrが所属しています。

デビューしてなくても、ジャニーズJrという枠でドラマに出たり、舞台に出たりして、ファンの間では知られた存在になっていきます。

ジャニーズJr個人を応援するファンもたくさんいます。

 

 

ジャニーズJrとして活動していても給料はもらえるようです。

具体的な金額はわかりませんが、人気があるジャニーズJrは相当な額をもらっているのではないかと思います。

 

 

というのも、ジャニーズJrで高そうなブランド物の服を着ている人が多いからです。

 

 

金回りが良いようなので、給料も高いのでは?と予測されます。

 

sponsored link

辞めジュがジャニーズを辞める理由3つ

ジャニーズJrの中でデビューできるのはほんの一握り。

そのため、毎年辞めジュは出ます。

 

辞める理由はいくつかあります。

パターン別に解説します。

 

見切りをつけたから

デビューできる見込みがないので、見切りをつけて事務所を辞めるパターンが王道です。

 

 

例えば、ジャニーズJrの黄金時代であった1990年代後半に小原裕貴さんというジャニーズJrがいました。

ものすごくイケメンの人です。

 

1980年5月21日生まれで、タッキーや嵐のメンバーと一緒に「8時だJ」などの人気番組に出ていました。

 

 

しかし、2000年、大学2年生の時にジャニーズJrを辞め、学業に専念しています。

その後、会社員として博報堂に勤務していることもファンの間では知られています。

 

 

小原裕貴さんが辞めた理由として、当時色々あって嵐がデビューすることになり、小原裕貴さんはデビュー組に入れなかったので、見切りをつけて卒業したのでは?と言われています。

 

不祥事を起こしたから

不祥事で辞めるのも典型的なパターンです。

大体、未成年飲酒や喫煙ですね。

 

 

小原裕貴さんと同じく、ジャニーズJr黄金期にとても人気があった、大坂俊介さんという人は、他事務所のタレントと一緒に未成年で飲酒、喫煙していたことをフライデーに報じられ、ジャニーズ事務所を解雇されました。

 

ジャニーズ以外で芸能活動したいから

事務所を変えて芸能活動を続ける人も最近は結構います。

 

つまり、ジャニーズ事務所と意見が合わないだとか、思うような活動ができないから事務所を変える、ということです。

 

 

最近だと、ラブトゥーンというユニットのメンバー全員が同じタイミングで辞めて、事務所外で一緒に活動しているのが記憶に新しいです。

 

sponsored link

辞めジュの辞めた後の活動パターン3つ

ジャニーズを辞めた後の辞めジュの動向はファンの興味を引きます。

デビューしていないといっても、ジャニーズJrはすごく人気があるので、そのままファンを続ける人もいるくらいです。

ジャニーズ事務所を辞めた後にどんな活動をしているのか?について解説していきます。

 

個人的な芸能活動をする

辞めジュでよくあるのが、個人レベルで芸能活動をするパターンです。

小さなライブハウスなどでファンを集めて、イベントを行います。

握手会、チェキ会と称したりもします。

 

 

やめた直後によく行われるので、知名度がある内に最後の荒稼ぎ、ができるのかもしれません。

 

 

元Jrの角田侑晟さんは事務所を辞めた後、YU-SEI vivit AZAZELという名義で、芸能活動をしていました。

2014年にはオープンカーに乗って、渋谷、原宿を回ってPRをしていました。

 

しかし、その後は目立った活動はありません。

 

 

このように、辞めた直後にファン相手に小規模の活動をし、一般社会に戻っていくのが典型的なパターンです。

 

他事務所に移籍

他の事務所に移籍して、芸能活動を続ける人もいます。

 

 

現在俳優として活動している浅香航大さん。

朝ドラ「ひよっこ」に出るなど、すごく活躍していますよね。

 

 

浅香さんは元ジャニーズJrでJ.J.Expressというユニットで活動していました。

このユニットには現在はヘイセイジャンプのメンバーとして活動する髙木雄也さんや伊野尾慧さんも所属していました。

将来有望なメンバーが集められたユニットだったんですね。

 

 

しかし、浅香さんは事務所を辞め、A-teamという事務所に入りました。

それでコツコツ活動して、朝ドラに出るまでになりました。

 

 

非常に珍しい成功パターンです。

 

 

それほどジャニーズを辞めた人が芸能界で活動するのは難しいことなので。

他には反町隆史さんも元ジャニーズJrで成功した人の代表格です。

 

お店を経営する

ジャニーズ事務所を辞めた後に、お店を経営している人もいます。

 

浅倉一男さん(当時は浜田一男)は、歌舞伎町でバーを経営しています。

 

ファンの人もよく訪れたりしているみたいです。

 

まとめ

辞めジュは毎年出ます。

ジャニーズ事務所でデビューすること自体がすごく難しいことなので、デビューできないとわかって芸能活動に見切りをつけるのは当然の流れではあります。

逆にしがみついてでも辞めない人もいますけどね。

 

 

滝沢秀明さんがジャニーズJrの担当になってからはまたJrを盛り上げようという動きがあります。

ジャニーズJrがユニットごとにYoutubeに動画をアップしたりしています。

 

 

ジャニーズJrのファンとしてはすごく嬉しい企画ですよね。

しかし、どれだけPRしても全員がデビューできるのか?というと難しいものがあるので、何とも言えない気持ちにもなりますが…

 

 

ただ、今の時代は事務所を辞めたとしても、個人でもSNSを使って発信できる時代ですし、それで生活していくこともできます。

Youtuberになって成功すれば大きな収入を得ることができます。

 

 

余談ですが、

辞めジュのペイン・ダンテ・将之介さんは元ジャニーズJrですが、youtuberとしてのほうが有名だったりします。

チャンネル登録者数161万人もいるのはすごいことです。(2020年現在)

 

 

辞めジュといってもジャニーズJrとして絶大な人気を誇った人もいるので、魅力的な人が多いのも事実です。

なので、「辞めジュのその後の活動」はファンの関心を集めるのでしょうね。

 

今後も辞めジュの動向に注目していきたいと思います。