sponsored link

木村拓哉がジャニーズに入ったきっかけはスカウト?

木村拓哉さんがジャニーズ事務所に入るきっかけは、本人の意思ではなく、親戚の方が勝手に履歴書を事務所に送ったことでした。

それを見たジャニーさんから直接、事務所に来てほしいと再三の連絡があったそうです。

しかし、本人は自分の意志ではなかっため芸能界には全く興味はなく、再三の呼び出しも全てすっぽかしていたそうです。

 

結局、しつこく連絡がきたから仕方なく行ったことにより、SMAPのスター、木村拓哉になっていたのですから、木村拓哉のスター性を見抜いたジャニーさんはやはりスゴいですね!

 

 

彼がしつこく木村拓哉を誘ってくれてなかったら、世にキムタクが出てなかったと思うと、感慨深いです。

たくさん見てきた履歴書の中で、若き日の写真1つでこの子は他とは違うと見極め、しつこく声をかけてくれたなんてすごいですよね。

しつこく声をかけてくれたから、芸能人をやる予定の一切無かった木村拓哉にやる気を出させ、結果的にあれだけのキムタクブームを起こし、芸能人のトップにまで登り詰めたわけで…

世の中、どんな流れがあるか分からないですね。やはりスターになる人は、生まれ持った何かがあるのでしょうね。

木村拓哉さんは生まれ持ったスターという事だと感じるエピソードでした。

sponsored link

木村拓哉のオーラがすごい!?

あるテレビで、数々の著名人、芸能人を見慣れているスチュワーデスさんたちに、今まで見たなかで一番すごい人は?と質問しているシーンがありました。

ダントツのナンバーワンは木村拓哉さんでした。

たくさんの方々をみて、芸能人に見慣れているスチュワーデスさん達が、木村拓哉のオーラはすごいと口を揃えて言っていました。


スチュワーデスの方が芸能人を見るときは、いわばオフの時の姿。

大抵の方はテレビで見る姿とは違い、偉そうだったり、声を掛けないでほしそうだったり、テレビのキャラクターとは違ったり、ということがあるそうです。

しかし、木村拓哉さんは常に木村拓哉、という態度だったようです。

いつどんな時もテレビで見るままのスター木村拓哉でいることに皆さん驚かれ、オーラに驚いた、ということでした。

木村拓哉さんは、テレビの前でも、普段でも、あのままなんだと思います。

着飾ったり、偉そうだったり、ということはなく、ありのままの木村拓哉がスターになった、という事でしょうか。

それはすごいことだと思います。

オンもオフも作らず、自分をテレビにさらけ出す勇気かすごいです。

彼には太くガッチリした芯があるんだと思います。

そこが常にぶれていないからこそ、長い間トップで居続けることが出来ているんでしょうね。